地域の身近な問題を掘り下げて取材しています
Loading
拠点・奈良県奈良市 運営者・浅野善一

文字脱落の看板一新

大和郡山 全国金魚すくい選手権大会

メール
2010年7月16日
一新された金魚すくい大会の看板=2010年7月16日、大和郡山市城内町の郡山城跡
 大和郡山市城内町の郡山城跡に設置されている全国金魚すくい選手権大会(市など主催)の看板が16日までに一新された。老朽化と風雨で「す」の字が脱落し、「金魚食い大会」とも読めるようになっていた。
 文字は今月9日に脱落。市は全面的に付け替えることを決め、12日にいったん看板をすべて撤去していた。
 新しい看板は以前のベニヤ板製に変わって耐久性のあるアクリル製にした。1文字の大きさは90センチ四方。背景は無地から水色の柄に変え、金魚のデザインの大会ロゴマークも新たに添えた。(浅野善一)
関連記事テーマ
ニュース「奈良の声」をフォロー
  Facebook
当サイトについて
 当局からの発表に依存しなくても伝えられるニュースがあります。そうした考えのもと当サイトを開設しました。(2010年5月12日)