地域の身近な問題を掘り下げて取材しています
Loading
拠点・奈良県奈良市 運営者・浅野善一

奈良町の復元模型、都祁の市施設へ

展示先見つかるまで保管

メール
2011年7月5日
旧都祁行政センターで保管されることが決まった奈良町の復元模型=2011年6月3日、奈良市東向中町のなら奈良館
 奈良市は5日までに、閉鎖された市施設「なら奈良館」にある奈良町の復元模型を、新たな展示先が見つかるまで、同市針町の旧都祁行政センターで保管することを決めた。市観光振興課への取材で分かった。旧行政センターは同館から南東に約15キロ離れている。
 「なら奈良館」は近鉄奈良駅ビル内にあったが、ことし3月31日に閉鎖された。奈良町の復元模型は主要展示物の一つだった。同館跡は7月末をめどに家主の近鉄に明け渡さなければならないため、市は新たな展示先を探していた。しかし、同模型は正方形で1辺が5メートルと大きいため、現時点では収容できる施設が見つからなかった。保管場所についても市街地周辺では見つからなかった。
 旧都祁行政センターは2005年4月に同市と合併した都祁村の役場で、合併後から2010年3月まで市の窓口となる行政センターとして使われていた。現在は倉庫として使われている。
 模型の搬送は7月中に行われる。移動の際はいくつかに分解できるようになっている。同様に「なら奈良館」に展示されていた平城京の復元模型も旧行政センターで保管する。(浅野善一)
ご寄付のお願い
 ニュース「奈良の声」は、市民の皆さんの目となり、身近な問題を掘り下げる取材に努めています。活動へのご支援をお願いいたします。
 振込先は次の二つがあります。
ニュース「奈良の声」をフォロー
  Facebook
当サイトについて
 当局からの発表に依存しなくても伝えられるニュースがあります。そうした考えのもと当サイトを開設しました。(2010年5月12日)