地域の身近な問題を掘り下げて取材しています
Loading
拠点・奈良県奈良市 運営者・浅野善一

障害者の事業所が開発 奈良土産の見本市

3月6日、奈良市の奈良ロイヤルホテルで

メール
2012年2月24日
障害者が働く事業所が開発した奈良土産の一部。見本市の案内ちらしから
 障害者が働く県内の事業所が開発した奈良土産の見本市「奈良のみやげ チャレンジ! ビジネス・プレゼンテーション」(NPO法人県社会就労事業振興センター主催)が3月6日午前11時から、奈良市法華寺町の奈良ロイヤルホテルで開かれる。販路拡大のため企業などに製品をPRするのが目的。展示品の販売もあり、一般の人も入場できる。
 同センターが今年度、県の「魅力ある奈良のみやげ物開発企画による観光振興事業」を受託して取り組んだ。11事業所が12点を開発した。飛鳥人の人形(大和高田市の青垣園)や昔作りの柿の葉ずし(大淀町の壱陽館)、パウンドケーキ(奈良市の青葉仁の家)、革製のシカのアクセサリー(奈良市のたむたむ荘)などがある。
 会場では、15に仕切られた区画で、新作土産を中心に21事業所が製造している食品や菓子、小物を展示する。午後1時から同センターによる新作土産12点の説明があり、シカのアクセサリーなどを開発した「たむたむ荘」が代表して苦労話なども披露する。
 同センターは、障害者が働く県内60の事業所で構成され、障害者の自立促進を目的に、商品の販路拡大や開発に取り組んでいる。
 開場は午後4時30分まで。問い合わせは同センター、電話0742(26)4888。 
関連記事テーマ
ご寄付のお願い
 ニュース「奈良の声」は、市民の皆さんの目となり、身近な問題を掘り下げる取材に努めています。活動へのご支援をお願いいたします。
 振込先は次の二つがあります。
ニュース「奈良の声」をフォロー
  Facebook
当サイトについて
 当局からの発表に依存しなくても伝えられるニュースがあります。そうした考えのもと当サイトを開設しました。(2010年5月12日)