地域の身近な問題を掘り下げて取材しています
Loading
拠点・奈良県奈良市 運営者・浅野善一

阿陀比売神社修理に補助1600万円

五條市新年度予算案に計上、費用の半分

地元「一歩前進」と歓迎

メール
2012年3月8日
雨漏りを防ぐため檜皮ぶきの屋根をビニールシートで覆った阿陀比売神社本殿(手前)と摂社社殿(奥)=2011年8月、五條市原町
 五條市原町の市指定文化財、阿陀比売神社本殿と摂社社殿(ともに江戸時代前期)の傷みがひどくなっている問題で、修理の補助費用1600万円が市の2012年度予算案に計上された。全修理費用3200万円の半分に当たり、残る1600万円は地元が負担する。屋根がビニールシートで覆われた姿は無惨で、修理が待たれていた。
 市教育委員会文化財課によると、本殿は解体修理となり、檜皮(ひわだ)ぶき屋根のふき替えや基礎の修理を行う。摂社社殿は檜皮ぶき屋根のふき替えが中心となる。工期は12年度中。
 神社代表役員の東康朝さん(61)は「修理費用の半分は地元負担だが一歩前進」と歓迎している。
 同神社は1987年の市指定文化財第1号の一つだが、屋根の檜皮の腐食など傷みがひどくなり、3年余り前から雨漏りを防ぐため屋根をビニールシートで覆った状態になっている。檜皮のふき替えはをはじめ、修理費用が高額となるため、これまでの神社の蓄えだけでは賄えず、氏子35軒は3年余り前から、1軒当たり月5000円を積み立てている。(浅野善一) 
ご寄付のお願い
 ニュース「奈良の声」は、市民の皆さんの目となり、身近な問題を掘り下げる取材に努めています。活動へのご支援をお願いいたします。
 振込先は次の二つがあります。
ニュース「奈良の声」をフォロー
  Facebook
当サイトについて
 当局からの発表に依存しなくても伝えられるニュースがあります。そうした考えのもと当サイトを開設しました。(2010年5月12日)