地域の身近な問題を掘り下げて取材しています
Loading
拠点・奈良県奈良市 運営者・浅野善一

三条町の赤れんが、敷地は吉村長慶ゆかり

メール
2012年8月21日 浅野詠子
JR奈良駅かいわいに珍しい赤れんが。敷地は明治時代に吉村長慶が一時、所有していた=奈良市三条町

 奈良市三条町に古い赤れんがの構造物の一部が残っているが、明治時代の一時期、その土地は、「畿内遷都論」を書き、私費で橋を架けた幕末生まれの名物市議、吉村長慶(1863―1942年)の所有だったことが、奈良地方法務局の旧土地台帳で分かった。

 旧土地台帳によると、1907(明治40)年、「薬師堂町 吉村長慶」の名で土地を所有していた記録が残る。しかし長慶はすぐに手放しており、所有者はその後、昭和14年まで目まぐるしく変わっている。

 同市鳴川町の徳融寺には、長慶の彫像が残り、阿波谷俊宏長老は「それは初めて聞きました。吉村家は代々、薬師堂町で質屋さんを営んでいましたよ」と話す。長慶の一代記は安達正興氏の著作に詳しく、実業家としての一面もうかがえる。

 郷土史家の藤田久光さんが2010年に刊行した「南都の観光資料T」によると、長慶は29歳で「世界平和論」を提唱し、各国の元首に世界平和を訴える手紙を出した熱血漢。「日本初の平和運動家」と藤田さんは評価する。

 赤れんがの構造物の建築年代は不明で、現在は民間駐車場の塀の一部になっている。敷地は758平方メートル。市内にある戦前の赤れんが建物は、奈良少年刑務所、奈良市水道局旧計量器室、旧陸軍省糧秣(りょうまつ)庫など、残り少なくなった。

関連記事テーマ
ご寄付のお願い
 ニュース「奈良の声」は、市民の皆さんの目となり、身近な問題を掘り下げる取材に努めています。活動へのご支援をお願いいたします。
 振込先は次の二つがあります。
ニュース「奈良の声」をフォロー
  Facebook
当サイトについて
 当局からの発表に依存しなくても伝えられるニュースがあります。そうした考えのもと当サイトを開設しました。(2010年5月12日)