地域の身近な問題を掘り下げて取材しています
Loading
拠点・奈良県奈良市 運営者・浅野善一

舗装凍結または中止過半数、党派超え関心

衆院選奈良県候補17人にアンケート 平城宮跡を守る会

メール
2012年12月5日 浅野善一
平城宮跡舗装問題に対する衆院選奈良県候補の回答
(守る会が公表したアンケート結果を基に作成)
選挙
候補者 事前周知
は十分だ
ったか
舗装工事
を進める
べきか
基本計画
をどう思
うか
1区 馬淵澄夫(民主) 不足 国交省から詳細聞き対応中
小林茂樹(自民) 不足 凍結 再検討
大野祐司(維新) 分からない 凍結 再検討
伊藤恵美子(共産) 不足 中止 再検討
2区 百武威(民主) 不足 凍結 再検討
高市早苗(自民) 回答せず
中村哲治(未来) 不足 凍結 再検討
並河健(維新) 分からない 凍結 再検討
中野明美(共産) 不足 凍結 再検討
3区 吉川政重(民主) 不足 凍結 再検討
奥野信亮(自民) 分からない 進めるべき 進めるべき
西峰正佳(維新) 回答せず
豆田至功(共産) 不足 中止 再検討
4区 大西孝典(民主) 不足 進めるべき 進めるべき
田野瀬太道(自民) いずれも未記入。当選後に研究、調査
松浪武久(維新) 不足 分からない 再検討
山崎タヨ(共産) 不足 凍結 再検討
未来=日本未来の党、維新=日本維新の会

 奈良市の平城宮跡(特別史跡)で、国土交通省が宮殿復元の一環として進めようとしている第一次朝堂院広場の舗装工事の中止を求めている「平城宮跡を守る会」(寮美千子代表)は3日、衆院選の公示(4日)を前に、県内4選挙区候補17人を対象に行ったアンケートの結果を、ホームページで公開した。工事を「進めるべき」としたのは2人にとどまり、過半数の10人が「中止」または「凍結」と答えた。党派を超えて問題への関心が高いことをうかがわせた。

 守る会は「工事を止めるには、政治の力が大変重要。有権者にとって、投票における貴重な判断材料の一つとなる」とし、アンケートには15人が回答した。

 問いは5つ。このうち、市民への舗装工事の事前周知は十分であったかでは、11人が「不足していた」と答え、「十分であった」はゼロだった。工事をこのまま進めるべきかでは、「凍結し、市民との合意形成をやり直すべき」が8人で最も多く、「中止すべき」の2人と合わせると10人になった。これに対し「進めるべき」は2人だった。大極殿を囲む築地回廊の復元などで800億円以上の国費投入が見込まれる国営平城宮跡歴史公園基本計画についてどう思うかでは、「このまま進めるべき」は2人にとどまり、「再検討すべき」が11人に上った。

 与野党などの立場で回答が分かれることはなく、舗装工事や基本計画に慎重さを求める声はすべての党派にわたった。

 寮代表は「アンケートはたった一つの案件だが、それだけにかえって政治家の立ち位置や考え方が分かる。市民が声を上げ、政治家に問いかけることの大切さが身に染みた」と話している。

ご寄付のお願い
 ニュース「奈良の声」は、市民の皆さんの目となり、身近な問題を掘り下げる取材に努めています。活動へのご支援をお願いいたします。
 振込先は次の二つがあります。
ニュース「奈良の声」をフォロー
  Facebook
当サイトについて
 当局からの発表に依存しなくても伝えられるニュースがあります。そうした考えのもと当サイトを開設しました。(2010年5月12日)