地域の身近な問題を掘り下げて取材しています
Loading
拠点・奈良県奈良市 運営者・浅野善一

大屋根姿表す 消えた青空広場の雰囲気 県が近鉄奈良駅行基広場を暫定開放で

メール
2013年4月27日 浅野善一
行基広場に完成間近の大屋根(駅ビル側から望む)。工事中のため広場の一部は閉鎖されている=2013年4月27日、奈良市の近鉄奈良駅前
駅ビル(右後方)を控えた大屋根
大屋根が設置される前の行基広場=2010年9月

 奈良県がガラスの大屋根を建設中の奈良市の近鉄奈良駅前行基広場が27日、ゴールデンウイーク中の混雑に合わせて暫定開放され、完成間近の大屋根が姿を現した。かつての青空広場の雰囲気は消えていた。

 開放期間は5月6日まで。完成は同月末の予定。

 大屋根は鉄骨造り、高さ11メートルで、広さ約560平方メートルの広場のほぼ全体を覆う。直径70センチの巨大な柱6本で支えている。空は透けて見えるものの、行基広場は広場というより屋根の下の空間という印象に変わった。

 県は設置理由について、雨の日の観光客の利便性を図るためなどとしてきたが、設置に反対してきた市民らは、遮るもののない広場から見上げる空こそ観光客へのもてなしになる、などと訴えていた。

 行基広場は1970年、駅の地下化に伴ってできた。当初の計画では、駅は地下鉄の出口のような構造で、広場は駅ビルの一部になるはずだったが、当時の鍵田忠三郎市長が「観光都市奈良である以上、まず、地下駅から降り、青空の見える広場に出て古都の空気と風情を味わってもらいたい」と近鉄に計画を変更させた。 

関連記事テーマ
ご寄付のお願い
 ニュース「奈良の声」は、市民の皆さんの目となり、身近な問題を掘り下げる取材に努めています。活動へのご支援をお願いいたします。
 振込先は次の二つがあります。
ニュース「奈良の声」をフォロー
  Facebook
当サイトについて
 当局からの発表に依存しなくても伝えられるニュースがあります。そうした考えのもと当サイトを開設しました。(2010年5月12日)