ニュース「奈良の声」のロゴ

地域の身近な問題を掘り下げて取材しています

Loading

発行者/奈良市・浅野善一
浅野善一

奈良町、町家の民家で陶芸同好会の作品発表会 10月18日まで

町家の民家を会場に開かれている陶芸同好会の作品発表会。通りに面した格子から光が差し込む

町家の民家を会場に開かれている陶芸同好会の作品発表会。通りに面した格子から光が差し込む=2015年10月17日、奈良市勝南院町

 奈良市勝南院町の町家の民家で、市内の陶芸愛好者グループの作品発表会が開かれている。民家は歴史的な町並みが残る奈良町の一角にあり、通り掛かった観光客も足を止めて楽しんでいる。(終了しました)

 グループは陶芸同好会「土のこ」(11人)。市生涯学習センター設備の焼き窯を利用して活動している。発足して15年になる。現在、指導者はおらず、和気あいあいとした雰囲気の中でそれぞれが研さんを積んでいるのが特徴という。毎年10月、同センターの発表会に参加する機会があるが、今回は初めて外部で開くことにした。

 会場の町家は会員の自宅。昭和初めの建築といい、正面に格子や、つし二階の虫籠窓(むしこまど)、うだつがある伝統的な様式の建物。作品は玄関の土間に面した和室や坪庭に並べた。会員はそれぞれ5、6点ずつ出品した。端正な花器や皿などが町家の空間になじんでいる。

 会長の加門進二郎さん(71)は「町家で作品が映える。外国人や県外の観光客にも見てもらえ、張り合いがある」と話している。

 開催期間は10月16~18日の午前10時~午後4時30分。会場は同市勝南院町6の吉川さん方。問い合わせは加門さん、電話0742-48-2030。

読者の声

comments powered by Disqus