ニュース「奈良の声」のロゴ

地域の身近な問題を掘り下げて取材しています

発行者/奈良県大和郡山市・浅野善一

新規ニュース掲載のお知らせ メールでお届け(無料)

連載)野鳥~自然を生きる知恵/与名正三…記事一覧

連載)野鳥~自然を生きる知恵/与名正三(野鳥写真家)

 野鳥たちが日々の生活の中で取るさまざまな行動にはどのような意味があるのか、そこには厳しい自然を生き抜く野鳥たちの知恵があるといいます。長年にわたりカメラで野鳥を追いかけてきた与名正三さんが解説します。野鳥の生き生きとした姿をとらえた与名さんの写真と共にお届けします。月1回更新予定。

与名正三

 よな・しょうぞう 1951年鹿児島県奄美大島生まれ。同県立大島実業高校卒業。大阪写真専門学校中退後、写真スタジオ勤務を経てフリーに。現在、環境アセスメントの猛禽(もうきん)調査をする傍ら、奈良県北西部に生息する野鳥(主に猛禽)を撮影。特に近年生息数が激減しているサシバに関心を持ち、第1回国際サシバサミットで「宇検村サシバの分布と個体写真」をポスター発表。9月から3月までは奄美大島に住み、越冬地で暮らすサシバの保護活動に努めている。著書に「奈良高山の自然」「森のハヤブサ」(いずれも東方出版)。日本自然保護協会自然観察指導員、サシバ愛護会関西~奄美ネットワーク代表。連絡先は〒894-3303鹿児島県宇検村田検355、電話090(8208)8646。与名さんの最初の連載「やまと鳥事情」もご覧ください。 連載一覧はこちら

記事一覧

  • つたの絡まる小枝の先端に止まりさえずるウグイス 1)鳴き声/縄張り主張 争い回避 野鳥たちにとって鳴き声には、どのような意味があるのだろうか。疑問を持っている人も多いと思う。そこで「野鳥 自然を生きる知恵」第1回目は野鳥の声を取り上げてみる。(2020年9月7日)

読者の声

comments powered by Disqus