ニュース「奈良の声」のロゴ

地域の身近な問題を掘り下げて取材しています

発行者/奈良県大和郡山市・浅野善一

新規ニュース掲載のお知らせ メールでお届け(無料)

連載)野鳥~自然を生きる知恵/与名正三…記事一覧

連載)野鳥~自然を生きる知恵/与名正三(野鳥写真家)

 野鳥たちが日々の生活の中で取るさまざまな行動にはどのような意味があるのか、そこには厳しい自然を生き抜く野鳥たちの知恵があるといいます。長年にわたりカメラで野鳥を追いかけてきた与名正三さんが解説します。野鳥の生き生きとした姿をとらえた与名さんの写真と共にお届けします。月1回更新予定。

与名正三

 よな・しょうぞう 1951年鹿児島県奄美大島生まれ。同県立大島実業高校卒業。大阪写真専門学校中退後、写真スタジオ勤務を経てフリーに。現在、環境アセスメントの猛禽(もうきん)調査をする傍ら、奈良県北西部に生息する野鳥(主に猛禽)を撮影。特に近年生息数が激減しているサシバに関心を持ち、第1回国際サシバサミットで「宇検村サシバの分布と個体写真」をポスター発表。9月から3月までは奄美大島に住み、越冬地で暮らすサシバの保護活動に努めている。著書に「奈良高山の自然」「森のハヤブサ」(いずれも東方出版)。日本自然保護協会自然観察指導員、サシバ愛護会関西~奄美ネットワーク代表。連絡先は〒894-3303鹿児島県宇検村田検355、電話090(8208)8646。与名さんの最初の連載「やまと鳥事情」もご覧ください。 連載一覧はこちら

記事一覧

  • つたの絡まる小枝の先端に止まりさえずるウグイス 1)鳴き声/縄張り主張 争い回避 野鳥たちにとって鳴き声には、どのような意味があるのだろうか。疑問を持っている人も多いと思う。そこで「野鳥 自然を生きる知恵」第1回目は野鳥の声を取り上げてみる。(2020年9月7日)
  • オスからメスに魚を渡すコアジサシ 2)思いやり?/求愛給餌で取った一瞬の行動 野鳥たちは日々の生活の中で、さまざまな相手と対峙(たいじ)しながら生きている。あるときはヒナを守るため、天敵のカラスやヘビ、イタチなどと、激しいバトルを展開したり、縄張り内に侵入した仲間の野鳥を、激しく攻撃して追い払ったりと、厳しい自然を生き抜くために日々身体を張って生活しているのだ。そのような野鳥たちの暮らしを長年観察してきた私にとって、心が揺さぶられる場面がこれまで何度かあった。(2020年10月1日)
  • 激しく争うサシバの若鳥と幼鳥 3)争い/激しくも深追いせず 全ての野鳥たちは、厳しい自然を生き抜くため、日々、天敵や仲間たちと争わなければなりません。特に繁殖期は縄張りやヒナを守るため、休む間もなく争いに明け暮れます。ちなみに野鳥同士の戦いはどのような形で始まり、どのような形で終息するのかご存じだろうか。(2020年11月2日)
  • 水面からコイを引き上げるミサゴ 4)捕食/獲物の習性を熟知 この地球で暮らす全ての生き物は、日々食事を取らなければ生きてはいけません。中でも鳥類は生態系の上位にいるため、他の生き物を捕らえて食べる種類もたくさんいます。したがって、これらの野鳥たちは、捕らえる獲物の住環境や習性を熟知していないと、捕食することは困難です。(2020年12月1日)
  • 巣箱で待つヒナに餌を届けるブッポウソウ 5)色鮮やかな野鳥/目立って求愛、縄張り誇示 日本で観察される野鳥は、およそ670種類。その中の多くは、体色が地味な野鳥たちです。その理由は、あまり派手な色彩だと目立ち、天敵のヘビやカラス、猛禽(もうきん)などに狙われやすいからだと考えられています。特に抱卵を行うメスのほとんどが、地味な茶褐色をしています。とすれば、そのような危険を伴ってでも派手な色彩を持つ意味があるだろうかと、疑問に思えるときがあります。(2021年1月1日)

読者の声

comments powered by Disqus