ニュース「奈良の声」のロゴ

地域の身近な問題を掘り下げて取材しています

発行者/奈良県大和郡山市・浅野善一

最新ニュースをメールで受け取る【無料】

奈良県域水道一体化で存廃が検討されている浄水場

視点)市町村営9浄水場の廃止案 全戸配布の県広報紙による周知、一度もなく 奈良県域水道一体化構想

 2025年度の企業団(一部事務組合)設立を目標に、奈良県内の27市町村の水道と県営水道を統合する県主導の県域水道一体化構想は、基本協定の締結に向けた大詰めの協議を目前に控えているが、全戸配布の広報紙「県民だより奈良」による県民への周知は、一度も行われてない。(2022年5月12日)

「喫煙所新設に反対する市民の声」との面談に応じる福岡憲宏市長(左)=2022年5月6日、奈良県香芝市役所

香芝 屋外分煙施設の設置場所示さぬ議会決議 市が真意くみ取り

 奈良県香芝市議会が2021年12月に賛成多数で可決した、市に屋外分煙施設の整備を求める決議が、分煙施設の整備を求めながらも、どこに設置すべきか具体的に示していないことを巡って、市が設置場所について決議の真意を「くみ取る」という事態が生じている。(2022年5月10日)

県域水道一体化を考えるニュース


連載・コラム

「時の壁」を撤去する 強制不妊手術「原告勝訴」判決によせて/政治と憲法の風景・川上文雄…27

筆者の家の庭に咲いたムラサキツツジ、高さ約1.4メートル(2022年4月9日撮影)

 旧優生保護法の下で不妊手術を強制された人たちが起こした国家賠償請求の訴訟。国家賠償法は、損害発生の時点から20年経過すると請求権は消滅するという除斥期間の規定(民法724条)を採用しています。これを厳密に適用されてしまうと、原告は全員が手術から20年以上過ぎているので、敗訴しかありません。そのような判決が全国の地方裁判所で続いてきました。越えがたい「時の壁」と言われる除斥期間20年。しかし、違憲の法律を根拠にして重大な人権侵害が意図的・積極的に推進された場合には、「時の壁」を撤去して国家賠償を認めるべきではないでしょうか。(2022年4月17日)


体色の個体差)猛禽2種は色彩多様、研究進み判明/野鳥~自然を生きる知恵・与名正三…10

淡色型のサシバ。体色は全体に淡い茶褐色

 私たち人間も人種によってさまざまな肌の色をしていますが、日本で観察される野鳥約670種類の中にも、同じ種類なのに個体の体色がさまざまで、図鑑では年齢や性別の解説が難しい野鳥が2種類だけ存在します。どちらもタカの仲間で、一つは「サシバ」です。(2021年6月6日)


福岡憲宏市長(右)に署名簿を提出する「喫煙所新設に反対する市民の声」の曽根秀一代表=2022年5月6日、香芝市役所

公共施設敷地内への喫煙所設置反対 3600人の署名を市長に提出 香芝の市民団体

 市役所などの公共施設で敷地内禁煙を実施している奈良県香芝市で、市議会が市に対し「屋外分煙施設」の整備を求める決議をした問題で、「喫煙所新設に反対する市民の声」(曽根秀一代表)は6日、公共施設敷地内に喫煙所を設置しないよう求める要望書を、3608人の署名を添えて、福岡憲宏市長に提出した。(2022年5月6日)

生駒市の生きいきクーポン券、使用ガイド、市役所のコラージュ(クーポン券と使用ガイドは市ホームページから)

生駒市「金鵄の杜 倭苑」廃止 高齢者の浴場対策 民間銭湯で助成クーポン利用可能に

 奈良県生駒市は、老朽化を理由に市高齢者施設「金鵄の杜 倭苑(きんしのもり・やまとえん)」を今年3月末で廃止したが、施設の浴場を利用してきた人への対策として、市内の民間の銭湯2施設の利用について助成を行うことを決めた。(2022年5月2日)

あのとき)2013年5月30日 行基広場の大屋根完成

・完成式典

・「青空まず見て」 50年前、広場誕生の経緯

・反対運動などを取り上げた一連の記事

少し前の記事

関西広域)大阪府吹田市立博物館 現代人形劇の継承と発展へ特別展 「出口座」と阪本一房の世界

 大阪府吹田市に伝わる民話を聞き取りし、独特な人形劇に仕立てて豊かに演じた同市出身の阪本一房(1919~2001年)の世界へ誘う特別展「出口座と阪本一房 現代人形劇の継承と発展」が吹田市岸部北4丁目の同市立博物館で開かれている。(2022年5月1日)

赤い衣装をまとった人形(火の精)は阪本一房の作。壁面の緞帳は戦前の大阪人形座が使用していた=2022年4月29日、吹田市岸部北4丁目の同市立博物館

平城宮跡県営公園の検討委また非公開 工場跡地の南側地区整備 原則公開が名ばかりに

 奈良県が平城宮跡歴史公園(奈良市)の県営公園区域南側地区の整備に向け、昨年度、識者の意見を聞くため設置した検討委員会(委員長・田辺征夫元興寺文化財研究所長、11人)の会議が、これまで2回いずれも非公開だったことが分かった。(2022年4月30日)

平城宮跡歴史公園南側地区の一角。現在は、公園整備が始まるまでの活用策で仮設駐車場として利用されている。奥は朱雀門=2022年4月28日、奈良市三条大路4丁目

奈良市、塩漬け土地の巨額借金の返済状況 HPで毎年公開へ

 奈良市の用地買収機関だった市土地開発公社(特別法人、2013年解散)が残した巨額の借金の返済を続けている同市は26日、年々どのように返済しているのかその推移をホームページに掲載することを明らかにした。(2022年4月27日)

塩漬けとなっている市有地山林の周辺=2013年3月、奈良市二名7丁目

記者余話)県域水道一体化効果額大きく上下 「理由」記録した公文書作成されず

 奈良県と県内27市町村の水道を一気に事業統合する県域水道一体化構想について、県が示す効果額は大きく上下してきた。(2022年4月20日)

県域水道一体化構想により廃止予定の9浄水場の一つ、生駒市営浄水場=2021年9月、同市山崎町

県内12市の生活保護 申請に至る率の低下や利用者数の減少、一部で顕著 「奈良の声」調査

 「奈良の声」は、県内全12市を対象に最近5年間の生活保護の動向を比較した。一部の市で、申請率(相談の後、申請に至った件数の割合)の低下や利用者数の減少が顕著だった。(2022年4月17日)

奈良県内12市の生活保護の申請率推移

講演録)県域水道一体化問題と葛城市水道の底力

 葛城市の皆さん、こんにちは。旧新庄、当麻の2町が対等合併を決断し、水道事業者も一つとなり、この間、低廉な料金、そして安定した経営に努めてこられました。(2022年4月13日)

葛城市営浄水場とつながれている江戸期のため池=2019年9月、葛城市南藤井

検証)香芝の分煙施設求める決議可決 設置場所示されぬまま 賛成の数に押されて通る

 市役所などの公共施設で敷地内全面禁煙を実施している香芝市。その市議会が昨年12月、市に「屋外分煙施設」の整備を求める決議を可決した。しかし、決議には肝心な点が抜けていた。(2022年4月13日)

奈良県香芝市役所の入り口に掲げられた敷地内禁煙の表示=2022年2月、同市本町

県域水道一体化 国交付金の試算、下方修正避けられず 県費で補填、10年間で146億円

 県内27市町村それぞれの直営水道を廃止し、用水供給事業の県営水道とつなげる垂直型県域水道一体化構想を巡り、経営主体の企業団(一部事務組合)が事業を開始する予定の2025年度から10年間で得る国交付金の試算に関し、県は約1年前の時点の396億円から104億円減額し、292億円に下方修正した。(2022年4月8日)

県域水道一体化構想の主水源の一つ、大滝ダム下流の吉野川。県営御所浄水場の取水口は左岸にある=2021年9月16日、奈良県吉野町

受動喫煙問題さまざまな立場から語る 香芝市役所への喫煙所設置反対で市民集会

 香芝市議会が昨年12月に賛成多数で可決した、屋外分煙施設設置を求める決議を巡って、市役所など市の公共施設敷地内への設置を阻止しようと活動している市民団体「喫煙所新設に反対する市民の声」(曽根秀一代表)が3日、同市藤山1丁目の市ふたかみ文化センターで市民集会を開いた。(2022年4月3日)

市役所などへの喫煙所設置反対を掲げて開かれた「喫煙所新設に反対する市民の声」の集会=2022年4月3日、奈良県香芝市藤山1丁目の市ふたかみ文化センター

水道の広域化・民営化と水の自治を特集 「住民と自治」

 地方自治の専門誌「住民と自治」2022年4月号(自治体研究社、東京都新宿区)が「水道の広域化・民営化と水の自治」を特集している。(2022年4月1日)

水道の広域化・民営化と水の自治を特集した「住民と自治」4月号

視点)県域水道一体化 事業開始と同時の料金値下げに異論 県試算に奈良市企業局内部から

 県主導で進む県域水道一体化計画を巡り、最も注目されるのは給水人口が最大の奈良市が参加するかどうかだ。水道料金が2025年の統合と同時に市町村単独経営と比べ下がるとする県の試算に対し、奈良市企業局の内部から異論が出ている。(2022年3月26日)

県域水道一体化を目指す県水道局がある県奈良総合庁舎=2022年3月15日、奈良市法蓮町

生駒・金鵄の杜倭苑や西奈良県民センターの廃止 公共施設の老朽化、建って育った人の縁の行方

 風呂が喜ばれている生駒市の市高齢者施設「金鵄の杜倭苑(きんしのもりやまとえん)」が3月いっぱいで廃止される。理由は建物の老朽化。一方、住民の交流活動などに利用されてきた奈良市の県施設「西奈良県民センター」が2016年に廃止された際も老朽化が理由だった。建物の寿命とともに廃止される公共施設の設置目的は達成されたのだろうか。(2022年3月25日)

3月いっぱいで廃止される「金鵄の杜・倭苑」=2022年2月、生駒市高山町

公共施設敷地内への喫煙所設置に反対する市民の請願書を不採択 香芝市議会

 香芝市議会が市役所など敷地内禁煙を実施している市の公共施設に屋外分煙施設を設置するよう決議したことに対し、市民が議会に提出していた喫煙所新設に反対する請願書が24日、開会中の3月定例会本会議で審議され、賛成少数で不採択となった。(2022年3月24日)

敷地内禁煙が実施されている香芝市役所=2022年2月、同市本町

講演録)知事からの〈重症警報〉を跳ね返す~奈良市一般会計借金の深層

 本年は奈良市の直営水道が開業100年を迎えます。世代間の負担の公平を貫かんとした1世紀でありましょう。本日は、水道料金などをもとにした公営企業会計の世界ではなく、税と地方債などで構成する市役所本体の一般会計に分け入り、財政の課題を探ります。(2022年3月19日)

奈良市なら100年会館。建設費は30年償還、まだ返済途中=同市三条宮前町、2022年3月8日

リニア駅誘致 奈良市と連名要望の経緯、市長が答弁 大和郡山市議会一般質問

 リニア中央新幹線の「奈良市付近」中間駅の誘致を競ってきた奈良、大和郡山の両市長が連名で「結束」をうたう要望書を荒井正吾知事に提出したことを巡って、18日の大和郡山市議会3月定例会一般質問で、上田清市長に対し、詳しい説明を求める質問があった。(2022年3月18日)

答弁に立つ上田清大和郡山市長=2022年3月18日、同市役所議会

生駒市生活保護却下巡る訴訟 原告女性、国賠請求へ切り替え申し立て 市回答受け 扶養を要件誤りと認めず

 母親の扶養意思が確認されたことを理由に生活保護の申請を却下された50代の女性が生駒市を相手取り、却下処分の取り消しを求めた訴訟で、女性は17日までに、請求を国家賠償法に基づく損害賠償請求に切り替える申し立てを、奈良地裁(寺本佳子裁判長)に行った。(2022年3月17日)

生駒市の生活保護却下を巡る訴訟が行われている奈良地裁=2022年3月17日、奈良市登大路町

視点)「弱者救済型」の水道統合を北九州市の先例から探る

 奈良県で「水」が重要な政治課題になるのは、国土交通省の大滝ダム本体工事に県、川上村がいよいよ合意に向かおうとする時代にさかのぼれば、およそ40年ぶりである。(2022年3月15日)

水巻町、芦屋市へも送水する北九州市営本城浄水場=同市八幡西区御開5丁目(同市ホームページから)

公共施設敷地内への喫煙所設置に反対する請願書を審議 香芝市議会総務建設委

 市役所などの敷地内禁煙を実施している香芝市で、議会が市公共施設への屋外分煙施設設置を決議したことに対し、「喫煙所新設に反対する市民の声」(曽根秀一代表)が提出した請願書が14日、同市議会3月定例会総務建設委員会(上田井良二委員長、8人)で審議された。(2022年3月15日)

香芝市役所=2022年2月11日、同市本町

県域水道一体化 経営難の6市町村、一般会計繰り出し不要に 欠損金、設立企業団が引き受け 県が方針

 県と27市町村で構成予定の県域水道一体化計画を進める県は、水道事業の経営が厳しく料金が上昇する6市町村に対し、一体化の企業団(一部事務組合)が発足予定の2025年度までの2年間について、一般会計からの繰り出しを不要とする方針を示していたことが分かった。(2022年3月8日)

製造コストより安く水道を販売する県内10市町(赤線で囲まれた自治体)=2017年の水道統計をもとに県が作成した「水道サミット」(2020年)資料から

スマホ手に城下町の歴史的建造物巡る 大和郡山、県建築士会支部の町家調査アプリ使い

 城下町の歴史的な町並みが残る大和郡山市で6日、県建築士会郡山支部(折目貴司支部長)が作成した町歩きのスマートフォンアプリを体験する催しが、同支部の主催で開かれた。(2022年3月6日)

スマートフォンを手に城下町の町並みを歩く催しの参加者=2022年3月6日、奈良県大和郡山市

公共施設への喫煙所再設置に反対 香芝、市民が署名活動やちらし配布へ

 市役所などの敷地内禁煙を実施している香芝市で、議会が市公共施設への屋外分煙施設設置を決議した問題を巡り、「喫煙所新設に反対する市民の声」(曽根秀一代表)は3日、同市藤山1丁目の市ふたかみ文化センターで発足式を開いた。(2022年3月3日)

香芝市公共施設への喫煙所再設置に反対しようと集まった市民=2022年3月3日、同市藤山1丁目の市ふたかみ文化センター

リニア駅誘致要望、奈良市と連名で 大和郡山市、市内候補地選定に向けた市民対象アンケートの直後

 リニア中央新幹線「奈良市付近駅」の自市への誘致に向け、それぞれ活動してきた仲川げん奈良市長と上田清大和郡山市長が2月18日、「結束して取り組むことが重要」とする要望書を連名で荒井正吾知事に提出した。大和郡山市では直前に、市民らを対象に独自の市内候補地選定に向けたアンケートが行われている。両市長には、どのような検討を経たのか十分な説明が求められる。(2022年3月2日)

リニア駅誘致を掲げた大和郡山市設置のPR看板=2021年12月24日、同市北郡山町