ニュース「奈良の声」のロゴ

地域の身近な問題を掘り下げて取材しています

発行者/奈良県大和郡山市・浅野善一

新規ニュース掲載のお知らせ メールでお届け(無料)

  • Facebook

連載)政治と憲法の風景/川上文雄…記事一覧

連載)政治と憲法の風景/川上文雄(客員コラムニスト)

 奈良教育大学で長年にわたり、政治学を教えてきた川上文雄さんが憲法を一つの軸に、政治や社会の課題について考えます。憲法をいま一度、読み直し、そのまなざしを起きているさまざまな問題に向けます。おおむね月2回更新の予定です。

川上文雄

 かわかみ・ふみお 奈良市在住。元奈良教育大学教員、政治学博士(プリンストン大学)。1951年千葉県市川市生まれ。1974年早稲田大学政治経済学部卒業。「参加民主主義論者のサービス・ラーニング論―ボランティア学習の政治思想的基礎」(2003年、政治思想学会「政治思想研究」第3号)などの論文がある。2016年4月から居宅介護支援事業所を経営する合同会社の業務執行社員。社会福祉法人わたぼうしの会評議員、エイブル・アート・ジャパン会員、水俣フォーラム会員。

記事一覧

  • 筆者のアートコレクションから吉元敦也「砂紙」 1)学びなおす 2016年の3月まで29年間、奈良教育大学の教員でした。所属は社会科教育講座、分野は政治学。定年退職後は同じ大学で非常勤講師を4年、それも今年の3月で辞職しました。もう教壇に立つことはありません。しかし、これまで授業を準備しながら考えたこと、授業で話したことを振り返りながら、政治と社会の課題・問題を考え続け、それを文章にして発表したいと思うようになりました。(2020年7月14日)
  • 筆者のアートコレクションから光島貴之「無題」。作品に添えられた作者からのメッセージ「気分が沈んできたら、この渦巻きを指でなぞってみてください。きっと元気が沸き起ってくるはずです」 2)ささやかでも豊か 憲法25条「最低限度の生活」 コロナ禍のなか「新しい生活様式」という言葉が使われ始めた時代。日本国憲法第25条は何を語りかけているのか。条文にある「健康で文化的な最低限度の生活」の「最低限度の生活」とは、いかにも頼りなさそうな感じがします。しかし、「健康で文化的な生活」は「幸福な生活」と言い換えることができます。(2020年7月28日)
  • 筆者のアートコレクションから石井誠「花」。作者は、先天性筋ジストロフィーをわずらいながら創作活動を続けた。2014年、32歳で逝去 3)赤木俊夫さんを忘れない 財務省の職員・赤木俊夫さんは、森友学園への国有地払い下げに関する公文書(決済文書)の改ざんに加担させられたことを後悔し、強度のうつ状態のなか2018年3月みずから命を絶った。死の直前、赤木さんは身の上に起こった経緯を手記に書き残していた。絶望のなかにあっても国民への説明責任をはたそうとした。(2020年8月11日)
  • 筆者のアートコレクションから木村昭江(きむら・あきえ、1979年生まれ)「フラメンコドレス」 4)選挙権、拡大と除外の歴史 公職選挙法には「選挙権及び被選挙権を有しない者」を規定した条文があります。第11条1項がそれで、1号から5号まで「欠格者」を列挙しています。1項1号は、2013年3月東京地方裁判所の判決で憲法違反とされ、控訴もなくこれが確定。その後の法律改正により削除されました。以前、そこにあったのは「成年被後見人」の語句でした。(2020年8月29日)
  • 筆者のアートコレクションから久田奈津紀「雪」 5)選挙「特権」を終わらせた裁判 アメリカの大学院に留学していた時のこと。運転免許証を取りたくて、管轄の行政機関が発行する冊子を読むと、「免許証の取得は権利rightではなく特権privilege」の1文がありました。車社会のアメリカでは、ほぼ全員が持っている運転免許証。でも、試験を受けて能力を認定された「あなた個人」に特別に与えられるものは、権利ではなく特権なのです。(2020年9月16日)
  • 展覧会「たんぽぽの家の仲間たち」(筆者は共同企画者)のイメージ作品「コミュニティコレクションがつなぐ縁」(福岡左知子「織りのベルト」+たかはしなつき「moon」+アボカドの種を筆者が構成・撮影) 6)憲法は「みんなで幸せ追求しよう」という呼びかけ 今回のコラムは13条の「幸福追求権」をはじめとする日本国憲法のいくつかの条文を理解するうえで、筆者が決定的な影響を受けた見解をとりあげます。山浦玄嗣(やまうら・はるつぐ)が「イエスの言葉 ケセン語訳」(2011年、文春新書)で述べている見解です。著者は1940年生まれ、東北大学助教授を経て1986年より岩手県大船渡市で医院を開業。本の帯には、被災地の医師がふるさと(岩手県気仙地方)の言葉で聖書を訳した本とあります。(2020年10月15日)

読者との対話