ニュース「奈良の声」のロゴ

地域の埋もれた問題に光を当てる取材と報道


視点)県水道一体化 自治後退し、国推奨の統合モデルへ

 水道の広域化を推進する改正・水道法施行(2019年)以来初の大型統合計画を進める奈良県。26市町村もの直営形態を2025年、一気に廃止して県営水道と垂直統合し、統一料金による事業統合を成し遂げる見通し。一方、事業主体の県広域水道企業団は一部事務組合の形態で、れっきとした地方公共団体だ。時限措置の国庫補助金を満額受給するスケジュールが優先され、住民参加や情報公開の在り方に多くの課題を残す。このまま推移すると水道の自治は後退する。(2024年7月21日)

公開の録画 起立議員の着席後に「賛成者いない」 香芝市議長、自身への不信任動議不成立

 香芝市議会の議長が自身への不信任決議案の動議に対し、成立に必要な人数の起立があったのに不成立とした問題。当日の録画が7月16日、市議会ホームページで公開された。「奈良の声」記者は当時、傍聴席で取材していたが、再度、録画を確認した。議長が賛成者の有無の認定を、議員が起立したときには行わず、着席した後に行って、「賛成者なし」と宣言していることが分かる。(2024年7月17日)

県域水道一体化を考える

県水道一体化参加 浄水場廃止などに意見 大和郡山市が市民説明会

 県域水道一体化への参加を目指す大和郡山市の市民説明会が7月14日夜、同市北郡山町のやまと郡山城ホールで開かれた。昨年1月に続き2度目の開催。同市では、一体化参加に当たって自己水源の浄水場2施設のうち、一つが廃止になることなどが議論になっており、市議会でも参加を巡って賛成と反対で意見が二分している。(2024年7月15日)

議長への不信任決議案動議、不成立 香芝市議会 起立あるも賛成者と認めず

 香芝市議会の7月10日の定例会本会議で、議長への不信任決議案の動議が提起されたが、成立しなかった。議長が賛成者の起立を求めた際、起立した議員は複数いて、数の上では要件を満たしていた。しかし、議長は起立の仕方が明確ではなかったことを理由に認めなかった。(2024年7月10日)

コラム/川上文雄のじんぐう便り

にんにくの花(撮影日2024年6月16日)

13)選挙権は1本の「蜘蛛の糸」

 芥川龍之介の短編小説「蜘蛛の糸」(くものいと)。地獄で苦しむ犍陀多(かんだた)を極楽に導くために、お釈迦(しゃか)さまが垂らした1本の糸。極楽に向かって蜘蛛の糸をのぼっている途中、ある言動をおこなったのと同時に糸が切れてしまい、地獄に逆戻り。極楽にたどり着けませんでした。この短編につなげながら、このところ選挙について考えています。(2024年7月21日)

お知らせ

 「いまこそジャーナリズムにXを! ~深掘りとローカルインパクトの協奏~」(2023年6月18日開催)に「奈良の声」の浅野善一が参加。レポートを見る

受賞と活動実績

「奈良の声」を支援する

 「奈良の声」にご寄付をいただくと、地域の埋もれた問題の告発と改善の機会を増やすことにつながります。寄付のご案内

市長らの損害賠償責任、軽過失なら一部免責 条例提案の三橋・香芝市長 奈良市議時代は制定に反対

 香芝市の三橋和史市長は「市長らの損害賠償責任の一部免責に関する条例」の制定を、開会中の市議会6月定例会に提案している。住民訴訟で市長や職員が市への損害賠償を命じられた場合などに、重大な過失がないときは市が請求額の一部を免責するものだが、同市長は奈良市議会議員時代の2020年、仲川げん奈良市長が同様の条例を議会に提案した際には「免責の範囲を拡大する条例は必要ない」として反対票を投じていた。(2024年7月9日)

奈良市役所入り口の名称無表示 ユニバーサルデザインの考え方生かされず 市マスタープランに「分かりやすさ」

 奈良市役所入り口にあった市役所の表示が、庁舎前の芝生広場整備に伴い、なくなった問題。市は2020年、バリアフリーのまちづくりの基本計画となる市ユニバーサルデザインマスタープランを策定している。しかし、今回の問題では、ユニバーサルデザインの原則にある「分かりやすさ」などの考え方は生かされなかった。市交通バリアフリー推進課は取材に対し「どなたにも市役所とはっきり分かるようにとの意見はその通りだと思う」と述べた。(2024年7月7日)

「奈良市庁」銘板消え、無名状態に 庁舎前の芝生広場整備で撤去 取材受け仮の表示も検討

 奈良市二条大路南1丁目の同市役所の正面入り口から「奈良市庁」の銘板が消え、市役所が無名の状態になっている。6月1日に利用が始まった庁舎正面の芝生広場の整備に伴い、銘板をはめ込んだ石積みの門が撤去されたためだ。市はこれに変わる表示を検討しているが、担当者は「奈良の声」の取材を受け、それまでの仮の表示についても「検討したい」と述べた。(2024年7月1日)

記者講演録)自治体芸術文化予算の充実を求めて~桜井市民会館休館を考える

 本稿は、「奈良の声」記者浅野詠子が2024年5月19日、桜井市粟殿の市中央公民館で開かれた文化講演会「芸術文化がまちをつくっていくってどういうこと?」(文化を考える桜井市民の会主催、同市教育委員会後援)で講演した際の内容を修正し再構成したものです。(2024年6月29日)

「二元代表制の建前に抵触」示唆 三橋・香芝市長が答弁 前市長時代、小学校統廃合案など検討の議長が会長の諮問機関

 香芝市の三橋和史市長は6月27日の市議会定例会一般質問で、同月19日付で廃止した前市長時代の諮問機関「市公有財産有効活用検討会議」について、「仮に議員を含む会議体が市長のすべき意思決定をしていたのであれば、二元代表制の建前に抵触するものであることは否定できない」と断定は避けつつも明言した。(2024年6月27日)

小学校の統廃合検討する諮問機関の委員選任 公開の会議傍聴しても氏名分からず 香芝市教委開催

 香芝市教育委員会(小西友吉教育長)は6月21日に公開で開いた定例会で、市内小学校の統廃合について保護者や住民から意見聞くため設置する諮問機関「香芝市望ましい学校環境検討委員会」の委員13人の選任を議決したが、傍聴に来ていた人たちは誰が委員に選ばれたのか分からなかった。(2024年6月25日)

香芝市議会の出席停止処分巡る裁判の控訴審、8月に判決 1回目口頭弁論で結審

 香芝市議会から出席停止などの処分を受けた青木恒子議員(共産)が市を相手取り、国家賠償法に基づく損害賠償を求めた訴訟の控訴審の第1回口頭弁論が6月21日、大阪高裁(中垣内健治裁判長)であった。裁判はこの日で結審した。判決言い渡しは8月28日午後1時30分から。(2024年6月21日)

議長が会長の諮問機関廃止 香芝・新市長 二元代表制の形骸化、「奈良の声」指摘 小学校統廃合など検討

 香芝市は、福岡憲宏前市長時代に川田裕市議会議長の提案で設置された市長の諮問機関「市公有財産有効活用検討会議」を6月19日付で廃止した。会長には川田議長が就任していた。この5月の市長選で当選した三橋和史市長は初登庁の職員訓示で、意見への対応や情報提供の在り方で、特定の議員にのみ重きを置かないよう求めていた。(2024年6月21日)

視点)巨大ダムの不経済を考える 吉野川、相次ぐ地滑り対策工事

 川上村の大滝ダム(吉野川、国土交通省、主目的・治水)湖岸で地滑り対策工事が相次いだ。最近では、国道169号高原トンネル内の亀裂に端を発した対策工事が今年5月末に完了したばかり。ダム建設によって水没した旧国道の付け替え道に位置する。半世紀にわたる工期、3640億円に上る巨額の事業費。11年前に完成したダムは不経済な印象をいっそう強くした。(2024年6月19日)

議長職、任期1年申し合わせるも手放さず 河合町議会 拘束力ない短期交代の慣例、思惑に左右されやすく

 河合町議会で議長が任期1年の申し合わせに従わず議長職を手放さないでいる。一方で、この申し合わせは非公開だった。地方自治法が定める正副議長の任期は議員の任期(4年)。これに従わない短期交代の申し合わせや慣例は珍しくないが、法的拘束力がないため議員の思惑に左右されやすく、住民への説明も不足している。(2024年6月16日)

「特定の議員にのみ重き置くな」 香芝市、三橋新市長の職員訓示公開 意見への対応や情報提供の在り方で

 香芝市は6月12日までに、5月の市長選挙で初当選した三橋和史市長が3日の初登庁の際に行った職員訓示の全文を市ホームページで公開した。三橋市長が問題視している現市議会と市の関係については、意見への対応や情報提供の在り方で、特定の議員にのみ重きを置かないよう求めている。(2024年6月12日)

奈良市「引き上げ算定の透明性十分でない」 県水道一体化、不参加2市への用水供給

 県域水道一体化を協議する県広域水道企業団設立準備協議会(会長・山下真知事、26市町村と県営水道)が一体化に不参加の奈良市、葛城市に対する用水供給(卸売り)単価の引き上げを決めたことを巡って、奈良市は6月12日の市議会定例会一般質問で、「引き上げの算定過程の透明性が十分でない」との見解を示した。(2024年6月12日)

奈良市、受水量抑制で対応 県水道一体化不参加団体への用水値上げ 自己水増量へ

 県域水道一体化を協議する県広域水道企業団設立準備協議会(会長・山下真知事、26市町村と県営水道)の今年3月6日の会議で、一体化に不参加の奈良市、葛城市に対する用水供給(卸売り)単価を引き上げる案が了承されたことに対し、奈良市は11日、2025年度事業開始予定の企業団からの受水量を減らして自己水源(布目ダム、比奈知ダム)の給水量を増やし対応する考えを示した。(2024年6月11日)

視点)県水道一体化、強調された効果額 敷設年度不明管800キロの反映は? 県の回答なし

 県域水道一体化進める県は、経営上の効果額について県広報紙で2回、掲載したことがあった。2018年3月発行の「奈良モデル」ジャーナル第4号で「800億円程度の投資削減効果が見込める」、2021年3月発行の同7号で「令和30(2048)年度までの間で約686億円の効果額が見込まれ」とした。メリット感を強調しすぎた数字ではなかったか。(2024年6月6日)

三橋新市長 現議会と市の関係問題視、是正図る 香芝市、初登庁で言及 各紙が報道

 5月の香芝市長選挙で初当選した新市長の三橋和史氏(35)が、市役所に初登庁した6月3日の会見で、現議会と市の関係を問題視、是正に言及したことを翌4日付の新聞各紙が報じた。「奈良の声」は、川田裕市議会議長が自ら設置を求めた3つの市長の諮問機関の会長に就任してきたことに対し、市長の意思決定に関わる意見の偏りや、議会と執行機関が対峙(たいじ)する二元代表制の形骸化が懸念されると、これまでの記事で指摘してきた。(2024年6月4日)

香芝市 5月市長選間近、前職・現職の市政運営に停滞の判定 市検証会議の報告書 広報紙で公表 会長の議長は新人推す

 奈良県香芝市が設置した市政運営検証会議(会長・川田裕市議会議長)が過去10年の市政運営を検証した報告書を市広報紙などで公表したのは、このたびの市長選挙が1カ月後に迫った4月だった。報告書は、公立保育所民営化が計画通り進まなかったことを「反故(ほご)事案」と呼ぶなど、この間の市政に停滞の判定を下していた。市長選はこの間の市長だった現職、前職に新人2人が挑む形だった。(2024年6月3日)

帰れる実家ある 生活保護申請却下の理由にならず 奈良地裁判決示す 生駒市への損害賠償請求訴訟

 実家の母親から引き取り扶養の意思が確認されたことを理由に生活保護申請を却下された生駒市の50代の女性が市を相手取り、国家賠償法に基づく損害賠償を求めた訴訟。市の処分を違法とした5月30日の奈良地裁判決(寺本佳子裁判長)は、帰れる実家があることが申請却下の理由にはならないことを示した。(2024年5月31日)

平群町メガソーラー訴訟 地裁で住民意見陳述 「自治会の96%世帯反対」と訴え

 平群町内の大規模太陽光発電(メガソーラー)計画に反対する地元住民が県の許可の取り消しを求めた訴訟の第3回口頭弁論が5月30日、奈良地裁(和田健裁判長)であり、原告住民による意見陳述などが行われた。(2024年5月30日)

生駒市女性の生活保護申請却下は違法 地裁判決、市に損害賠償命じる

 母親の扶養意思が確認されたことを理由に生活保護申請を却下された生駒市の50代の女性が市を相手取り、国家賠償法に基づく損害賠償を求めた訴訟の判決言い渡しが5月30日、奈良地裁であった。寺本佳子裁判長(和田健裁判長代読)は、市の却下処分などを違法として、市に対し慰謝料55万円の支払いを命じた。(2024年5月30日)

安堵町、県に補助金返還 廃棄物排出組合への違法支出問題 県、過去の実態確認も求める

 安堵町が町同和地区産業廃棄物処理組合に2020年度に交付した補助金が、住民訴訟の判決で違法な支出とされた問題で、町はこの補助金のうち県費分24万円を県に返還した。県と町への取材で分かった。県はこれ以前の補助金交付についても町に実態の確認を求めている。(2024年5月18日)